1月30日の練習

今日から、小学校2年生の子供と、そのお母さんが練習に参加しています。
このお母さんは、和太鼓クラブを立ち上げたときの、最初のメンバーです。練習に来て顔を見たときにすぐにわかりました。当時は、オリジナルの曲を演奏していました。その意味では、演奏曲が変わってしまっていますが、昔とった杵柄か、叩き方の基本はできています。お母さんは、大人の練習にも参加してくれています。自分にとっては、昔、教えた人が戻ってきてくれるのは、うれしいです。
練習のメインは、打ち合わせ太鼓と秩父屋台囃子です。打ち合わせ太鼓では、打ち出しの上級生に注意を与えました。打ち出しは、腰を落として、どっしりした構えを取らないと、途中で腰がふらつきます。それと同時に、体の向きが横を向くようになりますので太鼓の正面からずれてしまいますので、そうならないように、しっかり構えるように注意をしています。
秩父屋台囃子は、通常の練習で、高学年は少し曲の構成に関係する練習を取り入れました。次の練習からは、舞台での演奏を意識した練習を入れていく予定です。


160130001.jpg

160130002.jpg

160130003.jpg

160130004.jpg

160130005.jpg

160130006.jpg

160130007.jpg

160130008.jpg

160130009.jpg

大人の練習
160130010.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント