10月31日の練習

11月3日のふささら祭りに向けての最後の練習になります。
3曲演奏をしますので、それぞれ、時間を計りながらの練習でした。3曲で26分とのことです。太鼓の設定を入れれば30分になりますが、本番では早くなりますので、時間が余る可能性もあります。
通常の演奏は、八丈太鼓、打ちあわせ太鼓、秩父屋台囃子の順番ですが、今回は、打ちあわせ太鼓、八丈太鼓、秩父屋台囃子の順番にしました。これは演奏で使う台にあわせての組み合わせです。
子供達が全員大太鼓につきますので、地打ちの締め太鼓には、大人が入ります。それでも多分、足りなくなるので育成者の方に入ってもらうことにしています。秩父屋台囃子では、締め太鼓と鉦の掛け合いがあって、その部分を覚えてもらいました。
将来的には、親子での和太鼓演奏ができればよいなと思っています。近いところでは、来年2月の市民音楽祭かな??
今日の練習中に大太鼓の撥を折った子がいました。これまで、練習中に撥を折ったのは、過去に1人いただけでした。久々に撥の折れた瞬間をみて、ちょっと感動しました。ちなみに、管理人も演奏中に締め太鼓の撥を折ったことがあります。


151031001.jpg

151031002.jpg

151031003.jpg

151031004.jpg

151031005.jpg

151031006.jpg

151031007.jpg

151031008.jpg

大人の練習です。
151031009.jpg

練習中に折れた撥です。
151031010.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント