10月10日の練習

草加宿場まつりも終わって、次は、11月3日のふささら祭りまでイベントの予定はありませんので、通常の練習をしています。
八丈太鼓、ぶち合わせ太鼓とも、演奏の音は、良くなってきたように思えます。ただ、まだ手が縮こまっている感じがしています。もう少し、スムーズに演奏できれば音も良くなると思うのですが、、それに、見た目もよくなると思います。
地打ちの音を良く聞かないで、大太鼓をたたく子供が見受けられます。曲が速くなってしまうのと、音がばらばらになってしまうので、注意はしているのですが、、
秩父屋台囃子は、だいぶ曲を覚えてきたのかなと思いました。曲の組み合わせが複雑ですので、大人でも覚えるのに、時間がかかります。口伝を声を出して言わせるようにしていますので、全部ではなくても一部は覚えて、たたけるようになってきましたが、全体をスムーズに演奏できるのは、ほんの一握りです。昔、教えていた子供達は、争って覚えようとしましたが、今の子供たちはそういった感じがないのか、たたける子供を見ながら演奏をしてる感じが強いです。いつも、どう教えてよいのか迷っています。


練習会場に太鼓等を運び込んで、練習用にセットしているところです。
151010001.jpg

151010002.jpg

151010003.jpg

151010004.jpg

151010005.jpg

151010006.jpg

151010007.jpg

151010008.jpg

大人の練習です。
151010009.jpg

151010010.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント