9月12日の練習

松原小学校のどんぐり祭り(9月26日)、草加旧街道での宿場間祭り(10月4日)を控えての練習です。
どんぐり祭りは、来週練習をすると本番です。土曜日にイベントがあると夜の練習はお休みにしていますので、宿場祭りは、後2回の練習になります。
今日は、普段どおりの練習を行いました。夏休み前から比べると、少しずつですが良くなってきているように思います。目立つのは、子供のリーダーの音の強さでしょうか。全体にそれで引っ張られているように感じます。
今日、特に注意したのは、太鼓と自分の立ち位置の関係です。太鼓に近すぎると腕のさばきが窮屈になって、音も小さくなってしまいます。特に、秩父屋台囃子のときは、前かがみになってしまう子供が多くて、腕がちじこまったまま演奏しています。これは、曲を覚えきっていない自信のなさからきているのだと思いますが、、
太鼓は、楽しく演奏することが一番です。最近は、できるだけ見本を見せるようにして注意を促しますが、教える難しさを痛感しています。
大人の練習は、個々人によって進み方が違います。最初に地打ちをして、身体をほぐしてから、大太鼓の練習になります。できるだけ新しいメンバーに合わせての練習も取り入れています。


150912001.jpg

150912002.jpg

150912003.jpg

150912004.jpg

150912005.jpg

150912006.jpg

150912007.jpg

大人の練習です。
150912008.jpg

150912009.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント