6月20日の練習

明日の演奏を控えて、練習を行いました。八丈太鼓は、あまり問題はなかったのですが、ぶち合わせ太鼓はちょっとひどかったです。打ち上げの時に、3人で太鼓をたたくのですが、たたく回数を間違えるのが目立ちました。練習中、子供達に叱ることはできるだけ押させているのですが、さすがに、今日は大きない声を出してしまいました。明日、演奏をするのは子供達です。できるだけきっちり仕上げておきたいと思っていました。その部分だけ何回か練習をしています。回数を間違えたところで曲を止めて、初めからということもやりました。終わってから、子供達にはきつかったかなと思いましたが、明日の本番では大丈夫だと思っています。
大人の練習では、秩父屋台囃子の大人用の曲を提案しています。練習の最後に、通しで演奏をしてみました。約10分弱の時間でした。大太鼓3台、締め太鼓5台、笛、鉦で10人が必要となります。締め太鼓で人数の調節は可能かと思われます。


150620001.jpg

150620002.jpg

150620003.jpg

150620004.jpg

150620005.jpg

150620006.jpg

150620007.jpg

150620008.jpg

練習が終わって、明日の演奏でもっていく道具をそろえてから、お祭りで使う山車を倉庫に移動しました。山車は、日曜日に運んできて、床を貼ったりしています。昨年までのお祭りでは、トラックの荷台を利用していましたが、警察の許可が難しくなって、可動式の山車を考えて、基礎部分を造ってもらっていました。一度、出来たのですが、子供達の乗り降りや、ストッパーがなかったこと、また太鼓を置いてみて、奥行きが足らなかったことなどから、修正を施してもらっていました。大太鼓2台、締め太鼓3台は置かれて演奏することができます。大人が6人つけば、子供達を乗せて演奏しながらの移動は可能です。今年の祭からデビューします。

150620009.jpg

150620010.jpg

150620011.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント