3月1日の練習

メインのイベント行事も終わったので、今日は、秩父屋台囃子の練習となりました。練習を1曲に集中するともって行く道具も減らせます。現在、秩父屋台囃子は4年生以上で演奏していますが、6年生は別として、5年生でも個別には厳しい感じの子供もいます。3年生以下は、曲を覚えきれていませんので、練習はしますが、本番では外れることになります。できれば、低学年の子供も演奏できるようになってもらいたいと思っています。そのためには、集中しての練習が効果的なのですが、なかなかうまくはいきません。夏祭りまでには、何とか覚えてもらいたいと思っています。夏祭りでは山車の上で屋台囃子を演奏しながら町会を回ります。大太鼓を2つ載せていますので2人で演奏しますが、自信がないとどちらかに引っ張られて、音が出なくなることもあります。これからこういった練習も多くなります。新しいこともチャレンジしてみたのですが、まず、演奏している3曲を全員でできるようにしていくことが必要になります。
育成者の皆様にはいつもお手伝いいただいて、ありがたく思っています。できれば、子供たちと一緒に太鼓の演奏に加わっていただけないでしょうか。メンバーが足りないと、地打ちをお願いしていますが、張り太鼓だけでなく、大太鼓も一緒に演奏してもらえるとうれしいなと思っています。すぐにとは行きませんので、練習の時から少しずつお願いできたらと思っています。

140301001.jpg

140301002.jpg

140301003.jpg

140301004.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント