9月29日の練習

子供たちは、松原小学校のどんぐり祭りで演奏しましたので、今日の練習はお休みにしました。その分、子供の練習時間も利用して、大人の練習は行われました。夏休み以降、大人のグループに新しい方が参加していますので、出来るだけ練習は継続するようにしています。
練習は、まず、張り太鼓の地打ちから初めて、音をそろえることからです。それと、打ち始め、ぶっきりを練習しました。その後は秩父屋台囃子の大太鼓の打ち方を練習しています。また、新しい子供がいますので、小学生が練習している曲を教えています。曲の練習は、分けて教えるのではなく、1曲丸ごと教えるようにしています。これで曲の感覚をつかんで、後は、覚えることに集中出来ると思っています。そろそろ、デビュー戦をむかえられそうです。大太鼓は無理ですが、地打ちの張り太鼓でのデビューになります。

120928011.jpg

120928012.jpg

120928013.jpg

120928014.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント