11月26日の練習

このところ練習では、太鼓を演奏するときの姿勢について注意をしています。どうしても身体が前かがみになってしまっている子どもが目につきます。それは、太鼓を演奏するときの太鼓との距離にも関係しています。曲の演奏に自信がないと、どうしても太鼓の近くたって、手が伸びません。そのため、姿勢が悪くなってきます。出来るだけ太鼓の面から身体を離すように教えています。手が伸びるだけでも、音がしっかりしてきます。大太鼓ばかりではなく、張太鼓でも同じ注意をしています。秋のイベントが終わって来年に向けてこの時期に出来るだけ教えられればと思っています。

111126001.jpg

111126002.jpg

111126003.jpg

111126004.jpg

111126005.jpg

111126006.jpg

111126007.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント