8月30日の練習

今日は、お休みが2人でらいで、皆、練習に来てくれました。
練習のときは、大太鼓4台、張り太鼓6台ぐらいを使います。

3曲練習しますが、最初(八丈太鼓)は、低学年が大太鼓をたたいて、高学年が張り太鼓で地のリズムを刻みます。2曲目(ぶち合わせ太鼓)は、子どもが全員大太鼓につきますので、張り太鼓をたたく人がいなくなってしまい、練習に来ている育成者の方にお願いすることもあります。
難しいたたき方ではないでの、ご協力をお願いします。
コーチとしては、親子で太鼓の演奏できるのが1つのささやかな目標でもあります。

3曲目(秩父屋台囃子)はどうしても曲を覚えるまでが大変ですので、高学年生が中心になってしまいますが、低学年の子供にも、少しずつ曲を覚えてもらうようにしています。
また、地打ちは打ち出しと同じスピードで10分から15分たたけるようにしなくてはなりません。
なれてくると、大太鼓の曲を聴きながら、張り太鼓がたたけるように、また張り太鼓のリズムを聞きながら大太鼓がたたけるように(小学生には厳しいかな?)していきたいと思って練習しています。

080830001.jpg

080830002.jpg

080830003.jpg

080830004.jpg

080830005.jpg

080830006.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント