1月30日の練習

今日から、小学校2年生の子供と、そのお母さんが練習に参加しています。
このお母さんは、和太鼓クラブを立ち上げたときの、最初のメンバーです。練習に来て顔を見たときにすぐにわかりました。当時は、オリジナルの曲を演奏していました。その意味では、演奏曲が変わってしまっていますが、昔とった杵柄か、叩き方の基本はできています。お母さんは、大人の練習にも参加してくれています。自分にとっては、昔、教えた人が戻ってきてくれるのは、うれしいです。
練習のメインは、打ち合わせ太鼓と秩父屋台囃子です。打ち合わせ太鼓では、打ち出しの上級生に注意を与えました。打ち出しは、腰を落として、どっしりした構えを取らないと、途中で腰がふらつきます。それと同時に、体の向きが横を向くようになりますので太鼓の正面からずれてしまいますので、そうならないように、しっかり構えるように注意をしています。
秩父屋台囃子は、通常の練習で、高学年は少し曲の構成に関係する練習を取り入れました。次の練習からは、舞台での演奏を意識した練習を入れていく予定です。


160130001.jpg

160130002.jpg

160130003.jpg

160130004.jpg

160130005.jpg

160130006.jpg

160130007.jpg

160130008.jpg

160130009.jpg

大人の練習
160130010.jpg
スポンサーサイト

1月23日の練習

今日から、市民音楽祭に向けての練習をはじめました。
演奏は、2曲、打ち合わせ太鼓と秩父屋台囃子でエントリーしています。
練習では、肩慣らしに、八丈太鼓も演奏しました。今日のメインは、打ち合わせ太鼓でした。一度、通しで演奏してもらい、気が付いたところを、こまめに注意していきました。1台の太鼓に3人が組んで演奏をするのですが、最後の打ち上げのときに、打ち手が交代をしながら演奏します。そのときの動き方ですが、まだ、覚えっていない子が目に付きましたので、その部分を覚えてもらうために、反復練習をしました。
秩父屋台囃子は、通常の練習ですが、自信がない子供の特徴で、手があがっていません。ばちのさばきが、自分の身体の前だけになりますので、音も弱い感じです。とにかく、曲を覚えてもらわないと構成も難しくなります。演奏用の練習は、2月になってからかなと思っています。なお、地打ちの締め太鼓には、育成者の方に入ってもらうことにしていますので、鉦と締め太鼓の掛け合いの練習を最後にしています。
大人の練習は、5人でした。個人指導で、反復練習をしていました。


160123001.jpg

160123002.jpg

160123003.jpg

160123004.jpg

160123005.jpg

160123006.jpg

大人の練習
160123007.jpg

160123008.jpg

北谷三丁目町会新年会(1月17日)

町会の新年会です。毎年、演奏を披露しています。
新年会は、13時30分から始まりました。町会長の挨拶、乾杯の後に、和太鼓の演奏を披露しています。
今年も、3曲を演奏しました。
子供たちは、風邪などでお休みの子供がいましたが、12人が集まりました。町会で控え室を確保してくれていましたので、13時20分に集合して、着替えを済ませて演奏まで待機しています。その間を利用して、演奏位置の確認もしています。
演奏場所は、少し狭いのですが、子供たちは上手に演奏をしていました。普段の練習では、大太鼓に毛布をかぶせていますが、本番では毛布ははすして演奏します。そのためがどうかはわかりませんが、打ち出しから少しずつ演奏が早くなっていきます。
地打ちは、締め太鼓5台を用意しました。大人の参加は4人でしたので、育成者の方にも加わっていただきました。
演奏後、子供たちは、町会で用意してももらった、飲み物とお菓子をもらって解散となっています。


160117001.jpg

160117002.jpg

160117003.jpg

160117004.jpg

160117005.jpg

160117006.jpg

160117007.jpg

160117008.jpg

160117009.jpg

160117010.jpg

160117011.jpg

160117012.jpg

160117013.jpg

160117014.jpg

160117015.jpg

160117016.jpg

160117017.jpg

160117018.jpg

160117019.jpg

160117020.jpg

1月16日の練習

明日は、町会の新年会で演奏をしますので、その練習を行いました。
例年のことで、3曲演奏をします。一通り練習したのですが、どうしても演奏する音が弱く感じられます。特に低学年になると弱さが目立ちます。メンバーの組み合わせを変えたりしてみたのですが、音が強くなりません。理由はいくつかあるのですが、棒立ちになっていること、太鼓の真ん中をたたいてないこと、手があがってないこと等があげられます。棒立ちになっていると、腰高になり安定しません。それと同時に手もあがりません。太鼓の真ん中をたたいていないのは、立ち位置が太鼓に近いので、太鼓面の上っ面をたたいている場合と、ばち尻を握っているために起こる場合とがあります。
個々人に違いがあるので、個別にそのつど、注意をするようにしています。
今年度は、5・6年生が7人いますので、引っ張ってもらえますが、6年生が5人抜ける来年度は不安が残ります。低学年の子供も曲は覚えてきていますので、そこは楽しみでもあります。
大人の練習は、秩父屋台囃子が中心ですが、あたらしい会員の方に、曲を覚えてもらうのに時間をかけています。今回の練習で、とりあえず一通りの演奏を練習しました。まだ、反復して練習を続けていこうと思っています。


160116001.jpg

160116002.jpg

160116003.jpg

160116004.jpg

160116005.jpg

160116006.jpg

160116007.jpg

大人の練習です。
160116008.jpg

1月9日の練習

年明け最初の練習日です。1月17日(日)に町会の新年会があって、そこでの演奏が組まれていますので、それに向けての練習になります。昨年は、12月12日の練習が最後ですので、4週間ぶりの練習になります。
3曲練習をしました。さすがに曲を忘れていると言うことはありません。新年最初の練習ですので、あまり注意をしないでいようと思っていたのですが、気になるところは全体に話しをすようにしています。個々人で、気になる点が違いますので、その場合は、その子供に話をします。年度の最初このろと比べると、音は格段に良くなっています。ただ、6年生のリーダーに引っ張られていますので、6年生全体で引っ張れればと思うのですが、、
2月に市民音楽祭に出演します。そのときは2曲での演奏を考えています。6年生は、この音楽祭が最後の演奏となりますので、それまでに仕上がられればと思っています。育成者の方にも市民音楽祭では地打ちに入ってもらうことにしていますので、その練習も取り入れています。
大人の練習も始まりました。大人の練習は、秩父屋台囃子です。最初の5分間は地打ちで身体をほぐしてから、大太鼓での練習をします。新しい会員もいるので、曲を覚えてもらうための練習もしています。今回からはできるだけ曲に沿ってセンテンスごとに練習をしていくようにしました。


160109001.jpg

160109002.jpg

160109003.jpg

160109004.jpg

160109005.jpg

160109006.jpg

160109007.jpg

160109008.jpg

160109009.jpg

160109010.jpg

160109011.jpg

160109012.jpg

160109013.jpg

大人の練習です。
160109014.jpg

160109015.jpg