さつき会イベントオープニング(6月28日)

原町のコミニティーセンターでさつき会のイベントがあって、そのオープニングに太鼓の演奏をしてきました。
9時50分に集合して、10時からの演奏でした。
昨日の段階では、7人でしたが、今日、集合した時点で育成者の方を1人、急遽お願いして出演していただきました。無理をお願いして申し訳ありませんでした。8人になりましたので、構成は、大太鼓3台、締め太鼓3台、篠笛、鉦で演奏ができました。
途中、間違えた部分もありましたが、スピードに乗った良い演奏だったと思っています。参加の皆様、お疲れ様でした。


150628001.jpg

150628002.jpg

150628003.jpg

150628004.jpg

150628005.jpg

150628006.jpg

150628007.jpg

150628008.jpg
スポンサーサイト

6月27日の練習

今日の練習場所は視聴覚室です。部屋が狭いので、大太鼓は3台にしています。
今日の練習は、ぶち合わせ太鼓を中心に行いました。概ね学年ごとのグループにしての練習です。低学年は音が弱いので、出来るだけ撥を上からたたくような練習もしています。中間学年は、棒立ちになっての演奏が目立ち、太鼓の上の部分をたたいているので音が弱い傾向にあります。腰を落として、太鼓の中心をたたくように指導しました。中・高学年は、もっと力強い演奏ができるはずですので手を上げるようにしていました。3人で太鼓をたたく打ち上げも何回か練習しましたが、まわり方がまだよくわかっていないのか、大人が見本を見せながら指導をしました。
最後は、秩父屋台囃子です。できるだけ口伝を言わせているのですが、いざ、演奏になるとまだたたけない子供が目立ちます。中には、概ね演奏できるようになった子供もいますので、続けていこうと思います。
大人の練習は、明日の演奏を意識しながらの練習となりました。曲の構成は、明日決めますが、今日の練習構成になると思います。先週の練習で、大人の曲構成の演奏を録音したCDをいただきました。10分弱の演奏ですが、よくまとまっているように思えました。


150627001.jpg

150627002.jpg

150627003.jpg

150627004.jpg

150627005.jpg

150627006.jpg

150627007.jpg

150627008.jpg

150627009.jpg

150627010.jpg

草加八潮地区防犯推進委員会安行地区総会(6月21日)

草加警察署の横にある、花栗会館で草加八潮地区防犯推進委員会安行地区総会が行われ、太鼓の演奏をしてきました。
2階のホールのような場所での演奏でしたが、大太鼓4台では場所が少し狭かったと思いました。それでも子供たちは元気に太鼓の演奏をしてくれました。演奏は3曲行っています。参加した子供が11人でしたので、2曲目を3台にするか、大人が入って4台にするかといったことがあったのですが、4台にしたのか正解だったと思います。室内ということもあって、音が大きく聞こえたのはないかと思います。
子供たちは、新しい半纏を着ての演奏でした。半纏着ると、やっぱりかっこいいですね。半纏の帯の締め方を見ている時間がなくて少し緩んだ子もいましたが、最初としてはよしとしましょう。いずれ、しっかり締められるようにしたいと思います。


150621001.jpg

150621002.jpg

150621003.jpg

150621004.jpg

150621005.jpg

150621006.jpg

150621007.jpg

150621008.jpg

150621009.jpg

150621010.jpg

150621011.jpg

150621012.jpg

150621013.jpg

150621014.jpg

150621015.jpg

150621016.jpg

150621017.jpg

6月20日の練習

明日の演奏を控えて、練習を行いました。八丈太鼓は、あまり問題はなかったのですが、ぶち合わせ太鼓はちょっとひどかったです。打ち上げの時に、3人で太鼓をたたくのですが、たたく回数を間違えるのが目立ちました。練習中、子供達に叱ることはできるだけ押させているのですが、さすがに、今日は大きない声を出してしまいました。明日、演奏をするのは子供達です。できるだけきっちり仕上げておきたいと思っていました。その部分だけ何回か練習をしています。回数を間違えたところで曲を止めて、初めからということもやりました。終わってから、子供達にはきつかったかなと思いましたが、明日の本番では大丈夫だと思っています。
大人の練習では、秩父屋台囃子の大人用の曲を提案しています。練習の最後に、通しで演奏をしてみました。約10分弱の時間でした。大太鼓3台、締め太鼓5台、笛、鉦で10人が必要となります。締め太鼓で人数の調節は可能かと思われます。


150620001.jpg

150620002.jpg

150620003.jpg

150620004.jpg

150620005.jpg

150620006.jpg

150620007.jpg

150620008.jpg

練習が終わって、明日の演奏でもっていく道具をそろえてから、お祭りで使う山車を倉庫に移動しました。山車は、日曜日に運んできて、床を貼ったりしています。昨年までのお祭りでは、トラックの荷台を利用していましたが、警察の許可が難しくなって、可動式の山車を考えて、基礎部分を造ってもらっていました。一度、出来たのですが、子供達の乗り降りや、ストッパーがなかったこと、また太鼓を置いてみて、奥行きが足らなかったことなどから、修正を施してもらっていました。大太鼓2台、締め太鼓3台は置かれて演奏することができます。大人が6人つけば、子供達を乗せて演奏しながらの移動は可能です。今年の祭からデビューします。

150620009.jpg

150620010.jpg

150620011.jpg

6月13日の練習

6月21日の演奏にむけて、通常の3曲を練習しました。細かいことをいえば、目につくところはあるのですが、曲がしっかり演奏できていればよしとしています。
特に注意をしたのは、ぶち合わせ太鼓で、打ち出しの部分で、左手を大きくまわしながらたたく個所がありますが、左手を回す時に、撥を伸ばすように言いました。撥を握ったまま回していると、アクションが小さく見えてしまいます。撥を伸ばすことによって、大きく見えます。
秩父屋台囃子は、演奏する子のほかは、口伝を言わせているのですが、あんちょこを見ながらでも、どこだかわからなくなっている子供が見受けられます。口伝がちゃんと言える子供は、演奏もできるようになってきました。低学年には、無理かなと思うのですが、続けてみようと思っています。


150613001.jpg

150613002.jpg

150613003.jpg

150613004.jpg

150613005.jpg

150613006.jpg

150613007.jpg

150613008.jpg

150613009.jpg

6月6日の練習

今日の練習では、まず子供達の半纏のことを報告します。これまで子供の半纏も作って演奏の時には着ていましたが、人数が増えて半纏がいきわたらなくなってから、Tシャツを作って、演奏の時はこれを着ていました。
昨年11月のふささらまつり(市民祭)のときに、来られていた子供のご家族から、子供達の半纏について聞かれて、事情を話したところ、作ってくださるという申し出があって、ありがたくお受けすることにしました。
その半纏ができたとお持ちいただきました。半纏と帯のセットで、サイズは2種類、大が10着、小が9着でした。すべて、手作りです。練習が終わった後に、子供達に渡しています。作っていただいたご家族の方に、子供達からお礼を申し上げています。

150606001.jpg

150606002.jpg

150606003.jpg

さて、今日の練習ですが、6月に演奏依頼が2件きていますので、3曲練習をしました。特に気になった点は、太鼓と演奏者の位置関係です。太鼓に近くなりすぎると、手がちぢこまって手が上がりません。その分、太鼓の音が小さくなってしまいます。そのため、手が上がるように、太鼓の面と、自分の身体の間をあけるように話しました。この主な理由は、棒立ちになっていることです。腰が前かがみになりがちですので、バチのさばきが小さくなってしまいます。


150606004.jpg

150606005.jpg

150606006.jpg

150606007.jpg

150606008.jpg

150606009.jpg

150606010.jpg

150606011.jpg

150606012.jpg