市民音楽祭

毎年2月に市民音楽祭が行われます。この音楽祭は合唱の部と器楽の部にわかれて実施されていたのですが、今年から吹奏楽の部が新設されて3日間にわかれました。これまで器楽の部に吹奏楽も含まれていましたが、それが分かれたことで、参加団体も14団体ぐらいになっています。
さて、太鼓は、1団体だけの参加です。以前は他にも参加していたのですが、、今日の演奏ですが、ぶち合わせ太鼓と秩父屋台囃子の2曲を演奏しました。これまで八丈太鼓でしたが、演奏時間が短く子供達がステージにいる時間が少ないのでどうしようかと言うことになり、初めてぶち合わせ太鼓との組み合わせにしてみました。1団体の持ち時間は、道具の出し入れを含めて15分と決められています。練習の時に時間を計ったところでは、ギリギリと言ったところでしたが、舞台の上での演奏は、曲が速くなりますので、時間内に終わると思っていました。実際は時間が少しはみ出したのではないかと思いました。やはり、秩父屋台囃子は思い入れがありますので、長めの演奏になってしまいます。演奏は良かったと思います。子供たちも頑張って演奏していました。お手伝いいただいた育成者の皆さま、ありがとうございました。子供たちに上手だったとほめてあがてください。


120226001.jpg

120226002.jpg

120226003.jpg

120226004.jpg

120226005.jpg

120226006.jpg

120226007.jpg

120226008.jpg

120226009.jpg

120226010.jpg

120226011.jpg

120226012.jpg

120226013.jpg

120226014.jpg

120226015.jpg

120226016.jpg
スポンサーサイト

2月25日の練習

明日は、市民音楽祭です。練習場所が狭かったのですが、明日のリハーサルのつもりで練習をしました。狭いとぶち合わせ太鼓が窮屈になりましたが、演奏は仕上がっていると思います。この時期ですので細かいところは注意しません。元気に演奏してもらえればと思います。秩父屋台囃子は、子供の練習はA・B・玉・おくり総打ちの練習をしていました。子供の練習が終わってから、大人の練習では少し曲の構成を替えました。たぶんそれでも何とか時間をオーバーしないのではないかと思います。細かい部分は明日、全員が揃ってところで伝えることにしました。大人が入る秩父屋台囃子は子供との交代も明日決めることにしまました。6年生にとっては、最後の舞台になりますので交代はしない方針です。

120225001.jpg

120225002.jpg

120225003.jpg

120225004.jpg

120225005.jpg

120225006.jpg

120225007.jpg

2月18日の練習

今日の練習も、市民音楽祭に向けたものでした。演奏の2曲は決まりました。ぶち合わせ太鼓と秩父屋台囃子としました。ぶち合わせ太鼓は、スローテンポで始まり、曲が進むにつれてテンポが速くなります。何回か練習を繰り返し6分ぐらいで演奏するスピードにしました。秩父屋台囃子は、子供達だけの演奏から大人が加わることで何とか組み上げることにしています。子供たちだけでは曲の速さの問題も生じて短い演奏で終わりそな感じです。今日は秩父を演奏する子供は残って、30分ほど大人との練習も行いました。来週は、練習場所が狭いので出来るだけ今日のうちに基本の練習をしていかなくてはなりません。今日の通し練習では演奏時間は約13分でした。もうすこし曲を早くすることで何とかしたいと思っています。高学年の子供のはきついかもしれません。

120218001.jpg

120218002.jpg

120218003.jpg

120218004.jpg

120218005.jpg

2月11日の練習

市民音楽祭に向けての練習が本格的に始まりました。市民音楽祭は楽器の出し入れを含めて15分間は持ち時間になります。これまでも2曲を演奏してきました。1曲ずつ時間を計り、曲の構成を考えます。最初の1曲目を何にするかで、時間の配分が決まってきます。それに太鼓のセットの時間を計り、15分にまとめるようにしています。これまでは、八丈太鼓と秩父屋台囃子の組み合わせでした。八丈太鼓は低学年でも演奏できますが、演奏時間が短いので、低学年の子供が舞台に出ている時間が短くなってしまいました。そこで、今年はぶち合わせ太鼓の演奏を第一候補に挙げています。ただ演奏時間は長くなりますが、持ち時間の半分を使ってしまうことになります。音楽祭までに曲のスピードも考えながら仕上げていく予定です。

120211001.jpg

120211002.jpg

120211003.jpg

120211004.jpg

120211005.jpg

120211006.jpg

120211007.jpg