浅間神社で納涼祭

これまでに2回ほど、納涼祭での太鼓の演奏を頼まれています。
今年で3回目になりました。
場所は、同じ市内ですが、電車の駅で2駅ほど離れています。

納涼祭での太鼓の演奏は、開始の時と、終了前の2回です。
依頼先の担当者との打ち合わせの時に、途中でも演奏してくれないかとのことでしたが、同じ曲を3回演奏するのは厳しいので、当初の予定どおり、2回としました。
今日は大人が6人、高校生2人、小学生1人の9人で出かけてきました。

2回目の演奏の前に、それぞれ打ち合わせ中かな??
080831001.jpg

本日参加の皆さんです(管理人が写しているので8人です)
080831002.jpg
このあとに、カメラを写してくれると言った方がいて、自分も入って写してもらったのですが、ぶれていて使えません(涙)

太鼓のセットも終わり、いつでも演奏できる準備が整いました。
080831003.jpg

演奏は秩父屋台囃子です。
080831004.jpg

張り太鼓が1つあいていますが、写真を撮ったら、自分が入ることになっています。
080831005.jpg

今回は、大太鼓3台、張り太鼓4台、篠笛、鉦の構成です。
080831006.jpg

浅間神社です。この裏手が納涼祭の会場になっています。
080831007.jpg

納涼祭はお天気に恵まれました。昨日の同じ時間は雨が降っていました。
080831008.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

8月30日の練習

今日は、お休みが2人でらいで、皆、練習に来てくれました。
練習のときは、大太鼓4台、張り太鼓6台ぐらいを使います。

3曲練習しますが、最初(八丈太鼓)は、低学年が大太鼓をたたいて、高学年が張り太鼓で地のリズムを刻みます。2曲目(ぶち合わせ太鼓)は、子どもが全員大太鼓につきますので、張り太鼓をたたく人がいなくなってしまい、練習に来ている育成者の方にお願いすることもあります。
難しいたたき方ではないでの、ご協力をお願いします。
コーチとしては、親子で太鼓の演奏できるのが1つのささやかな目標でもあります。

3曲目(秩父屋台囃子)はどうしても曲を覚えるまでが大変ですので、高学年生が中心になってしまいますが、低学年の子供にも、少しずつ曲を覚えてもらうようにしています。
また、地打ちは打ち出しと同じスピードで10分から15分たたけるようにしなくてはなりません。
なれてくると、大太鼓の曲を聴きながら、張り太鼓がたたけるように、また張り太鼓のリズムを聞きながら大太鼓がたたけるように(小学生には厳しいかな?)していきたいと思って練習しています。

080830001.jpg

080830002.jpg

080830003.jpg

080830004.jpg

080830005.jpg

080830006.jpg

8月23日の練習

お盆をはさんで、練習がお休みでしたが、今日から練習を開始しました。
ところが、まだ夏休みの最中ですし、近くでお祭りなどがありましたので、ほとんど子供が集まりません。最初は2人でした。

人数が少ないと、集中的に教えることができますので、秩父屋台囃子の特訓になっています。
太鼓のリーダーの話では、お休みのメールが入るので人数の把握はできているようです。

080823001.jpg

080823002.jpg

080823003.jpg

080823004.jpg

080823005.jpg

8月最後の日曜に谷塚の浅間神社で演奏を頼まれたそうです。
これは、ある団体の納涼祭で、ここ2年間ぐらい頼まれています。
中学生以上で演奏する予定にしています。

1丁目町会盆踊り

各町会で夏祭りが行われています。
今回、2つの町会から盆踊りを頼まれて、二手に分かれて演奏に行きました。

その分人数が少なくなってしまい、ほとんど太鼓をたたいているか、鉦をたたいているかでほとんど記録のデジカメを写すことができません。
それでも、ほんの少しだけ撮影してきました。

最初は2人だけでどうなる事かと思いましたが、あとから3人集まってくれました。
080802001.jpg

休んでいないで太鼓叩けよ!!
080802002.jpg

姉ちゃん登場、1曲叩いていってくれました。
080802003.jpg

子供達も最後に来てくれました。
080802004.jpg

やはり2か所だと厳しいですね、、
中学生に集合をかけないと、人数がそろわないかもしれません。
もう1か所の方はどうだったのでしょうか?