6月10日の練習

今日は、チーフコーチが他の会合があってお休みでしたので、管理人が全体の練習を見ていました。
7月の町会の夏祭りまで、全体で参加するイベントがないので、久しぶりに、大太鼓の基礎打ちの練習をしています。
基本は、腰を落として、太鼓の正面で叩きます。これまでの練習で、音が弱かったように感じましたので、全員にこの練習をしてもらいました。子供達が練習に入る前に、基本を説明しながら実際に叩いて見本を見せています。
子供達の演奏が、棒立ちになっているので、音が弱いというのがよくわかります。
約20分間、基本練習に費やしました。
この後、いつもの曲うちの練習でしたが、演奏の音が強くなったように感じました。たまに、基礎打ちをやったほうがよいかなと思います。ただ、教えている方は、結構疲れますので、若いコーチが練習を見ているときがよいかなとも思っています。
スポンサーサイト

6月3日の練習

先週は、小学校の運動会が行われ、練習はお休みでした。
2週間ぶりの練習ですが、練習前や練習の後、子供達は元気に遊んでいます。が、練習になるとその元気が何処に行ったのか?大きな声を出していたのが、練習ではあまり声がでません。
練習では、挨拶の後に、軽いストレッチをするのですが、声が小さいのです。
曲によっては、掛け声をかけるのがあるのですが、これも、声がでていません。何度も同じことを言うのはいやなんですが、言わざるをえません。
これから7月の町会の夏祭りまで、全員が参加するイベントはありませんので、通常の練習を繰り返すことになると思います。
そこそこ演奏できるようになって来ましたので、少しずつ、曲に強弱を付けるように教えていきたいと思っています。
もう1つは、どうしても棒立ちで演奏している子供が目につきます。腰を落とすように言っていますし、実演もして教えていますが、いざ演奏になると、出来ていないのが目につきます。
基本的な、太鼓の叩き方の練習もしないとだめかなとも思っています。

5月20日の練習

小学生の会員は、現在17人です。今日の練習は、4人がお休みでしたので、大太鼓4台にしました。
通常、5台で練習をしています。
3曲を練習しますので、1曲あたり約20分前後の練習となります。
最初に八丈太鼓の練習ですが、低学年が大太鼓で曲を演奏し、高学年が締め太鼓で地打ちをします。この地打ちの音が乱れがちになります。早くなってしまうことも多々あります。
大太鼓は、地打ちの締め太鼓の音を聞きながら曲打ちをして、締め太鼓は、大太鼓の音を聞きならが地打ちをする、そうすれば曲が乱れることはありません。と、言ってもすぐに出来るわけではないので、地打ちをしている子供には、曲の口伝を言いながら地打ちをするように話しています。
打ち合わせ太鼓では、3人一組で1台の太鼓を演奏します。最初の打ち出しは、2人目・3人目とは違った打ち方をします。打ち上げも最初の1人目がします。打ち出し、打ち上げが出来る子供を増やしておくと、組み合わせが楽になります。
最後に秩父屋台囃子の練習です。打ち方は、口伝と言って、言葉で教えていたのですが、この2年ほど、アンチョコを作って、それを読む練習もして来ました。演奏している時も、待っている子供には読ませていました。その甲斐があったのか、低学年でも打てるようになってきました。自信のついた子供は、手が上がるようになってきています。夏祭りに山車の上で交代で演奏しますので、演奏できる子供が多いと良いなと思っています。

5月13日の練習

いよいよ明日は、コミセン祭りです。
練習は、視聴覚室での練習でした。集会室は、明日の準備のために使用できません。
前日の練習が狭い場所ですので、窮屈そうでした。
明日の本番に向けての練習でした。
管理人は、明日は法事のために、参加できませんので、全体の練習を見守るようにしていました。
大人の練習では、玉うちを教えていました。
最後に、コミセン祭りを前に1人子供がやめています。他の運動クラブに入ったので、掛け持ちは無理とのことです。3曲演奏できる子供なので残念に思いますが、他でがんばってもらえればと思います。

5月6日の練習

5月の大型連休の最中ですので、欠席者が多いかなと思ってましたが、お休みは4人でした。
14日のコミセン祭りまで、今日を入れてあと2回の練習です。
子供達は、いつもの3曲を練習しています。
八丈太鼓は、立ち台に太鼓を両面打てるようにして、1台の太鼓を2人で演奏をします。今日は、それを下置き台にして、どんどん交代して打つ練習にしました。以前、ロードレース大会で演奏したスタイルです。演奏するとき、腰を落として演奏するのですが、どうしても腰高になってしまい、上体が前向きになることから左の音が弱くなります。これを直すのに、時間を使っています。
打ち合わせ太鼓と秩父屋台囃子は、通常の練習をしています。
子供でも、大人の時間に練習してよいことにしています。今日は、1人残って(育成者の方も一緒に)練習をしていきました。子供の時の打ち方より、熱が入っていたように思いました。