FC2ブログ

お知らせとお願い

お知らせ
次のイベントは、11月3日のふささら祭りです。

太鼓のホームページについて
以下のアドレスにホームページを掲載しています。
http://kitayataiko.web.fc2.com/
北谷太鼓発足の経緯等を紹介しています。
ただ、2010年以降、更新が滞っています。
スポンサーサイト

10月13日の練習

集会室での練習です。やはり練習するには広い場所が楽です。
子供達は15人参加で、大太鼓は4台持ち込みましたので、交代での練習になっています。
先週から、基礎打ちの練習を始めました。先週は、大太鼓の正面打ちでの練習でしたが、今日は横打ちの練習をしています。
演奏している八丈太鼓は、横打ちで演奏します。ばちの位置は上からなのですが、横打ちをすると、バチが横から出て、下に行ってしまう子供が多いと、左手が、バチを肩にしょうようになっている子供が多く見受けられます。これを直すには、基本の打ち方を練習していかなければダメかなと思っていました。
基礎の打ち方を練習してから、八丈太鼓を練習しましたが、ついてしまった癖はなかなか抜けません。今後も続けていくつもりでいます。
時間が少なくなったのですが、3曲練習をしました。
11月3日のイベントまで後2回の練習ですので、イベントでの演奏も考えなくてはならない時期にきています。
大人の練習もしていますが、11月3日は、自分が用事で出られないので、代わりの方を鍛えないと、、

10月6日の練習

視聴覚室での練習です。普段は、準備体操をして、演奏の練習に入るのですが、今日は、太鼓の基本的な叩き方を最初に練習させています。
練習に入る前に、基本動作の説明をしてから、練習を始めました。
棒立ちで太鼓を叩いても、良い音はでません。腰を落として、太鼓の面の真ん中を叩くように指導しています。
立つ位置が太鼓に近いと、腕がちじまります。それと、大太鼓の場合は、バチをしっかり握るようにさせました。握りが弱いと音が抜けません。
大太鼓を終えてから、締め太鼓の打ち方も練習しています。基本的な打ち方だけで、半分以上の時間を使ってしまいました。
曲打ちの練習は、打ち合わせ太鼓だけにになっています。
今回は、大太鼓も正面打ちの練習でしたので、来週は、横打ちの練習もしたいと思っています。
八丈太鼓が横打ちですので、少しは、やっておいたほうが良いように思いました。

9月29日の練習

今日の練習も視聴覚室で、狭いんです。
大太鼓は、概ね4台を持ち込みますが、伸び伸びとした練習は出来ません。
子供の人数が多いと、高学年は地打ちをしてもらうことがあります。
通常の練習ですので、3曲を練習しました。打ち方に工夫をして、狭い場所でも練習できるようにしています。
今日の練習では、いささかショックなことがありました。6年生3人を地打ちに入れて打ち合わせ太鼓の練習をしました。その後、6年生3人で見本だよと言って演奏をしてもらったのですが・・・。
曲は間違えるは、音が揃わないで、ひどいことになっていました。毎回、練習してるのに、覚えていないのかな??教えている側としては、相当にショックです。怒鳴りつけたかったですが、これが現実かなと思います。
昔は、子供達が競い合っていましたが、今は、そういった感じではありません。言われたことはそつなくこなすといった感じです。
練習の方法も、変えないとだめかなと思いました。

9月22日の練習

先週は、コーチの都合でお休みにしましたので、2週間ぶりの練習でした。
場所は、集会室、広い場所での練習は、楽です。
11月3日までイベントの予定はありませんので、通常の練習を行っています。
子供達は、概ね15人前後で、全員が集まることはあまりありません。
曲によって、太鼓の打ち方が変わりますが、共通にいえることは、バチは上からということです。横打ちの曲がありますが、どうしてもバチが、横から下にさがって打っている子供が目につきます。
それと、1台の太鼓を3人で交代に打つ曲では、打ち手の交代がもたつくのが目についます。今回この交代のところをコーチ3人で見本を見せましたが、結構、きつかったです。息は切れるは、めまいはするはで、さすがに歳を感じました。
最後の屋台囃子では、舞台で演奏するときに組み入れている部分の練習もしています。いつも高学年が舞台演奏用に練習しますが、他の子供達にも覚えてもらうために始めています。次のイベントまで間があるので、こういった練習も行うことが出来ます。